Jan 16, 2020

TOGA森の暮らし塾2019 第4回「冬の利賀に暮らす」 参加者募集!

2019年6月から始まった、TOGA森の暮らし塾2019も、2つのエコツアーと4回の暮らし塾の最後の回となりました!

2020年2月22日(土)11時30分~2月24日(月祝)14時
※3日間通し参加者優先ですが、部分参加もお問い合わせください。

申込み・お問い合わせは・・・
togamori2020@gmail.com
0763-68-2017
TOGA森の大学校 事務局 まで お気軽にどうぞ!!

 

今回のテーマは「の利賀に暮らす」

豪雪地帯で名を馳せる利賀地域でさえ、今年は本当に雪が少ない!
来月には市内で冬の国体の一部も執り行われる予定ですが、関係者の皆さんは「雪請い」の気分かと拝察いたします。

ヒトも、動物も山の木々も、冬はこのたくさんの雪とともにその生き様があります。
動物生態の専門家、赤座先生の「クマ」の講座から始まり、冬の森の冬芽観察、
2日目はイヌイットの雪のブロックを積み上げる「イグルー」を作ります。原体験こそ生きるチカラの源となる!主体性をもった「こどものじかん」を貴ぶ自然保育の手法を学び、子どもたちと作業。親子参加も大歓迎です!できあがったイグルーの中で、火を起こし、何を食べようかな…
3日目は樹液。利賀のカエデに採取器具をしかけ、樹液を採ります。採りたての樹液はどんな味かな?樹種によって違いはあるのかな?採取した樹液を、手ゾリで運搬。雪がたくさん降る利賀村では、50年前、家の暖房・調理・温浴のためのエネルギーは裏山の薪でした。この燃料を、手ゾリで滑らせ、運びます。雪が多く、斜面が多いこの場所ならではの、エコな運搬法。現代にやってみると、このオシャレさに魅了されるヒトも♪

雪道に不慣れな方、ご安心を!
西からは、ショッピングセンターアスモに駐車して、
東からは、越中八尾駅の無料駐車場に停めて、
南砺市営バス「なんバス」で参加できる時間になっています。
詳細はお問い合わせください!

 

Posted in トピックスComments Closed 

関連記事