Oct 8, 2018

TOGA森の大学校 森の暮らし塾10月 開催です!!


※越中八尾駅や、井波から南砺市営バスで参加できる時間帯となっています!片道200円/50分お得です!

公共交通機関で車窓を楽しみながら、ご夫婦、親子、お友達と、参加してみませんか?

 

四季の山を観察、その恵みの保全、使いようを学ぶ、森の暮らし塾。

今回の「森の暮らし塾10月」が今年度2回目となります。

秋の森では、来春の再生の準備をしています。分解者の菌類、キノコ、そして樹木は実を結んで次の世代へ託します。紅葉も終盤の秋深い森を、観察します。

今回の宿泊の拠点は、利賀国際キャンプ場コテージ。一昨年1月の地滑り災害で、キャンプ場の真ん中に迂回路が通りましたが、現在、県道が通行可能となり、キャンプ場の静けさを取り戻しています。夕食は、静かな秋の夜を楽しみながら、バーベキューをします。どうぞ暖かい恰好で!!

第一日目は、キノコを学びます。キノコ、っていったいどんな生態をしているのだろう?座学のあと、秋の森へ入り、観察・採取をします。

夜は、森で今日初めて出会った草本・木本の標本を作ります。専門家に名前を教えてもらいながら、自分だけの標本を作りましょう!

翌日28日は、ホダ木を作ります。ミニホダ木はお土産として持ち帰れます。キノコの菌床は2週間前に伐倒したミウナラやブナ。菌が十分まわった2年後くらいから収穫できるそうです。そのあとは、森の木の実で苗づくり。森の再生を垣間見ます。

今回の「林業体験」はホダ木作りでの「チェンソー作業」。チェンソーのエンジン音と振動を体験してみましょう!

今回の森でのランチは、テディシェフのおしゃれな「キノコ料理」です。毎回、この森ランチが楽しみになってきています♪ どうぞお楽しみに。

 

それでは、高いところから順に紅葉の始まっている利賀の秋の山で、お待ちしています!!!

 

Posted in トピックスComments Closed 

関連記事